【対処法】Chrome「この接続ではプライバシーが保護されません」どうすればいい?原因も解説。

スポンサードリンク

「この接続ではプライバシーが保護されません」の対処法まとめ

Google Chromeでサイトを閲覧しようとしたら「この接続ではプライバシーが保護されません」という文字が画面に出て、サイトを閲覧できなくて困った経験ありませんか?

さらに下に続くのは、「~~では、悪意のあるユーザーによって、パスワード、メッセージ、クレジット カードなどの情報が盗まれる可能性があります。」と書かれているではないですか…これが本当ならかなり怖い…!焦るのも無理ないです。

しかし、結論から言うときちんと対処すれば怖がらなくていいです。そこまで危険性の高い警告ではないということです。

本記事では、Google Chromeで「この接続ではプライバシーが保護されません」が表示されたときにどうしたらいいか対処法を解説していきます!

慌てずに記事を参考にしながら、対処してみてください。

1.「この接続ではプライバシーが保護されません」が表示される原因
 ・①サイトを運営しているサーバー側の原因
 ・②サイトにアクセスするデバイス側の原因
2.「この接続ではプライバシーが保護されません」は無視しても大丈夫?
3.「この接続ではプライバシーが保護されません」のデバイス側でできる対処法
 ・デバイス側の対処法①サイトをリロード(更新)する
 ・デバイス側の対処法②違うWi-Fiに接続する
 ・デバイス側の対処法③違うデバイスで見てみる
 ・デバイス側の対処法④キャッシュを削除する
 ・デバイス側の対処法⑤シークレットモードで閲覧する
 ・デバイス側の対処法⑥日付と時刻のズレを直す
 ・デバイス側の対処法⑦Chromeが最新版かアップデート状況を確認
 ・デバイス側の対処法⑧OSが最新版かアップデート状況を確認
 ・デバイス側の対処法⑨再起動する
 ・デバイス側の対処法⑩ウィルス対策ソフトを一時的に無効にする
 ・デバイス側の対処法⑪Chromeヘルプセンターへ連絡する
 ・ デバイス側の対処法⑫SSL証明書の期限が切れていないか確認する
4.警告文が出ているサイトへアクセスする方法
5.「この接続ではプライバシーが保護されません」が出ても怖がらないで大丈夫

「この接続ではプライバシーが保護されません」が表示される原因

この接続ではプライバシーが保護されません,対処法,Chrome,原因,Windows
「この接続ではプライバシーが保護されません」の警告は、サイトを閲覧するにあたり、セキュリティ上の不具合が発生したと考えられます。

上記の警告は、サイトにアクセスするデバイス側に問題があるパターンとサーバー側に問題があるパターンがあります。
それぞれのパターンごとに対処方法を解説していきます。

警告が表示されたサイトは閲覧することはできませんが、簡単な対処法で閲覧可能になる可能性もあるので試す価値はあります。

エラーが出たからといって、そのまま利用中の端末が故障してしまうようなことはないので、慌てずに記事を参考にしながら対処してみてください。

①サイトを運営しているサーバー側の原因

この接続ではプライバシーが保護されません,対処法,Chrome,原因,Windows
そもそも「この接続ではプライバシーが保護されません」の警告文はhttpsで始まるWebサイトでしか起こりません。
Googleではセキュリティを強化するために、通信内容の暗号化ができるhttpsから始まるwebサイトを推進していました。

従来のhttpとは違い、末尾にs(セキュア=安全な)がつくhttpsでは通信の内容が暗号化されています。
暗号化されることで、第三者に通信内容を盗まれても内容を解読できないため、個人情報を守ることができます。

そして、このhttpsをWeb上で使用するには、SSL証明書となるものが必須となります。
このSSL証明書が何らかの理由で無効になっていたり、httpで始まるサイトを開こうとしたりすると「この接続ではプライバシーが保護されません」と警告が出る場合が多いのです。

これらが主な、サーバー側の原因となります。

②サイトにアクセスするデバイス側の原因

この接続ではプライバシーが保護されません,対処法,Chrome,原因,Windows
「この接続ではプライバシーが保護されません」の警告文が出た場合、Webサイトを閲覧するために使用しているデバイス(わたしたちのスマホ・パソコンなど)で何かしらの問題が起こり、警告が出ている可能性は高いと言えるでしょう。
この場合は、アップデートしていない、Wi-Fiの通信に問題があるなど理由は様々。

自分の使用しているスマホやパソコンで問題が起きていないか対処法をご紹介するので、順番に試してみてください。

「この接続ではプライバシーが保護されません」は無視しても大丈夫?

この接続ではプライバシーが保護されません,対処法,Chrome,原因,Windows
Google Chromeで「この接続ではプライバシーが保護されません」と警告文が出た場合、無視してサイトを見続けていいのか?という疑問についてですが、きちんと対処を行うことで解消される場合が多いので、安全性を考えても対処したほうがいいでしょう。

警告文が出たからといって、利用中のデバイスが壊れてしまうことはないですが、このままの状態でネットを利用するのは危険という警告には違いありません。
放置せずに解決策を見つけることをオススメします。

デバイス側に問題があるパターンの対処法

この接続ではプライバシーが保護されません,対処法,Chrome,原因,Windows
サイトを閲覧したときに「この接続ではプライバシーが保護されません」という警告が出たらサーバーか使用しているデバイスのどちらかに問題が起きている可能性が高いです。

まずは、自分の使用しているスマホやパソコンで問題が起きていないか順番に確認していきましょう。

デバイス側の対処法①サイトをリロード(更新)する

この接続ではプライバシーが保護されません,対処法,Chrome,原因,Windows
web上の一時的なアクセスエラーで、警告が出ている場合があります。
なので、サイトを再度リロードして警告がでないか確認してみてください。

Windowsでは、「F5キー」がリロードのショートカットとなります。
Macでは、「Comman + R」がリロードのショートカットとなります。

デバイス側の対処法②違うWi-Fiに接続する

この接続ではプライバシーが保護されません,対処法,Chrome,原因,Windows
接続しているWi-Fiに問題があり、Chromeの警告が出ている場合があります。

他のWi-Fiに繋げたら利用できた!という声も多かったので、違うWi-Fiに接続してから、警告がでないか確認してみてください。利用中のWi-Fiルーターを再起動してみるのもオススメです。

また、コンビニや外出先などでフリーWi-Fiを利用しようとしたときにも、セキュリティの問題で警告が出ることが多いようです。
暗号化されていないWi-Fiに接続する際は、十分に注意して接続しましょう。

デバイス側の対処法③違うデバイスで見てみる

そもそも今使用しているデバイスに原因がある可能性があります。

PCで警告が出た場合はスマホなどで同じサイトを見てみるなどして確認しましょう。

デバイス側の対処法④キャッシュを削除する

この接続ではプライバシーが保護されません,対処法,Chrome,原因,Windows
スマホやパソコンに、キャッシュが溜まってしまうと、動作が重くなってしまし、上手くサイトにアクセスできなくなり、警告が出ている場合があります。

Google Chromeのブラウザのキャッシュを削除してみましょう。
Windowsでのキャッシュの削除は以下の手順でできます。

この接続ではプライバシーが保護されません,対処法,Chrome,原因,Windows
1.右上にある、縦に3つ点が並んでいるボタンをクリックします。
2.メニューから設定をクリックします。

この接続ではプライバシーが保護されません,対処法,Chrome,原因,Windows
3.設定画面の左にあるプライバシーとセキュリティをクリックします。
4.閲覧履歴データの削除をクリックします。

この接続ではプライバシーが保護されません,対処法,Chrome,原因,Windows
5.表示されたウィンドウ内の3つのチェックボックスにすべてチェックを入れて、期間を全期間に変更し、削除をクリックします。

これでキャッシュデータはすべて削除が完了しました。
削除後に、再度警告がでないか確認してみてください。

デバイス側の対処法⑤シークレットモードで閲覧する

この接続ではプライバシーが保護されません,対処法,Chrome,原因,Windows
Chromeでシークレットモードに設定してサイトを閲覧することで警告が表示されなくなる場合もあります。
このシークレットモードでサイトを閲覧すれば、キャッシュに問題が起きていたろとしても、影響を避けることができます。

Windowsは以下の手順で閲覧できます。

この接続ではプライバシーが保護されません,対処法,Chrome,原因,Windows
1.右上にある、縦に3つ点が並んでいるボタンをクリックします。
2.シークレットウィンドウをクリックします。
3.シークレットウィンドウでサイトを閲覧して確認しましょう。

デバイス側の対処法⑥日付と時刻のズレを直す

この接続ではプライバシーが保護されません,対処法,Chrome,原因,Windows
デバイスで設定されている日付と時刻が、実時間とずれていると警告が出る原因となります。
通常は自動設定されていますが、自動設定がオフになっていると、日付や時刻にズレが出てしまうのです。
日付と時刻が実時間とズレている人は、設定変更をしてみましょう。

以下は、Windowsの手順になります。

この接続ではプライバシーが保護されません,対処法,Chrome,原因,Windows
1.画面右下の時刻が表示されている箇所を右クリックします。
2.日付と時刻の調整をクリックします。

この接続ではプライバシーが保護されません,対処法,Chrome,原因,Windows
3.時刻を自動的に設定するをオンにします。

画面右下の時刻と合っているかを再度確認してください。

タイムゾーンが「大阪、札幌、東京」に設定されているかも確認しましょう。
これで日付と時刻のズレの直し方は終了です。 再度警告がでないか確認してみてください。

デバイス側の対処法⑦Chromeが最新版かアップデート状況を確認

この接続ではプライバシーが保護されません,対処法,Chrome,原因,Windows
Chromeが最新のバージョンではない場合も、警告が出る原因となりますので最新版にアップデートしましょう。

この接続ではプライバシーが保護されません,対処法,Chrome,原因,Windows
1.右上にある、縦に3つ点が並んでいるボタンをクリックします。
2.ヘルプにカーセルを合わせる
3.Google Chromeについてをクリック

この接続ではプライバシーが保護されません,対処法,Chrome,原因,Windows
4.Google Chromeは最新版です。と表示されていれば最新版を使用しています。

しかし、上記の画像のように、再起動ボタンが表示されていれば、古いバージョンを使用していることになるのでボタンをクリックしてアップデートを行いましょう。

アップデート後、再度サイトへとアクセスして確認してみてください。

デバイス側の対処法⑧OSが最新版かアップデート状況を確認

この接続ではプライバシーが保護されません,対処法,Chrome,原因,Windows
Chrome同様、OSが最新版ではない場合も、警告が出る原因となりますので最新版にアップデートしましょう。

Windowsの場合の手順になります。

この接続ではプライバシーが保護されません,対処法,Chrome,原因,Windows
1.画面左下にあるWindowsのアイコンをクリックします。
2.メニューの歯車のアイコン(設定)をクリックします。

この接続ではプライバシーが保護されません,対処法,Chrome,原因,Windows
3.表示されたウィンドウ内の、更新とセキュリティをクリックします。

この接続ではプライバシーが保護されません,対処法,Chrome,原因,Windows
4.赤枠で囲んだ更新プログラムのチェックをクリックします。
5.すぐ上に、最新の状態ですと表示されていれば、最新版を使用しています。
今すぐインストールが表示されていれば、古いバージョンを使用していることになるのでボタンをクリックしてアップデートを行いましょう。

アップデート後、警告がでないか確認してみてください。

デバイス側の対処法⑨再起動する

この接続ではプライバシーが保護されません,対処法,Chrome,原因,Windows
ここまできてまだい警告文がでるようでしたら、デバイスを再起動させましょう。
なにかしらのエラーや問題が起きたときは再起動するのが基本!

デバイスの再起動によって、キャッシュもリセットすることができます。

デバイス側の対処法⑩ウィルス対策ソフトを一時的に無効にする

この接続ではプライバシーが保護されません,対処法,Chrome,原因,Windows
ウィルス対策ソフトを使用している場合も、警告が出る原因となります。 「HTTPS 保護」や「HTTPS スキャン」といった機能が搭載されたウィルス対策ソフトが該当します。
セキュリティに守られているがゆえの警告かもしれません。

サイトを閲覧するためには、ウィルス対策ソフトを無効にします。
無効後、警告がでないか確認してみてください。

作業終了後は、必ずウィルス対策ソフトウェアを有効にするのを忘れないでください!

デバイス側の対処法⑪Chromeヘルプセンターへ連絡する

この接続ではプライバシーが保護されません,対処法,Chrome,原因,Windows
ここまで対処法を試してダメだったという人は、Chromeの「ヘルプセンター」へサポートを依頼しましょう。

この接続ではプライバシーが保護されません,対処法,Chrome,原因,Windows
1.右上にある、縦に3つ点が並んでいるボタンをクリックします。 2.ヘルプにカーセルを合わせる 3.ヘルプセンターをクリックします。
この接続ではプライバシーが保護されません,対処法,Chrome,原因,Windows
4.コミュニティをクリックします。
5.画面最下部の質問するをクリックし、質問内容を入力しGoogle有識者の返答やアドバイスを待ちましょう。

デバイス側の対処法⑫SSL証明書の期限が切れていないか確認する

サーバーのSSL証明書の期限が知らない間に切れていた…という事件は度々起こります。

SSL証明書が期限切れになる要因としては3つ。

  1. 自動更新にしておらず手動で更新する必要があったのに失念していた
  2. 自動更新になっていたが、支払方法に何らかの問題があり支払が完了できなかった
  3. SSL証明書の期限や、または存在を把握していなかった
要因がどれであれ、SSL証明書の更新手続きを行うと解決します。

SSL証明書の機嫌は切れていないか確認しましょう。

警告文が出ているサイトへアクセスする方法

この接続ではプライバシーが保護されません,対処法,Chrome,原因,Windows
Google Chromeで「この接続ではプライバシーが保護されません」の警告が削除できなかった場合は、強制的にサイトへアクセスする方法もあります。

ただし、警告文の内容通り本当に危険な悪質サイトの場合もあります。
個人情報を抜き取ったり、不正なソフトウェアをダウンロードさせたりする可能性もゼロではないので、そのことを忘れずにアクセスは慎重にしましょう。
※この方法は推奨しておりません。自己責任でお願いします。

この接続ではプライバシーが保護されません,対処法,Chrome,原因,Windows
1.警告画面下部の詳細設定をクリックしてください。
2.続いて表示される「~~~にアクセスする(安全ではありません)」をクリックすると、警告が出ているサイトにアクセスができます。

安全なサイトだと信用できるときだけ、この方法は利用しましょう。
くれぐれもトラブルに巻き込まれないように、注意しましょう。

「この接続ではプライバシーが保護されません」が出ても怖がらないで大丈夫

この接続ではプライバシーが保護されません,対処法,Chrome,原因,Windows
サイトを閲覧するときに「この接続ではプライバシーが保護されません」という警告が出たらサーバーか、使用しているデバイスのどちらかに問題が起きている可能性が高いです。

きちんと対処すれば解決できることが多いので、まずは慌てずに自分が使用しているデバイスでできる対処法を行いましょう♪

編集部オススメのアプリ紹介

無料で使える!『トルミル』は音楽や画像・動画を保存できるアプリ。

iPhoneのファイル管理に最適!youtube動画保存やファイルの軽量化ができるアプリ『トルミル』。

トルミル,使い方,動画.音楽,軽量化,ロック,機能
『トルミル』動画・音楽保存アプリ。使い方やダウンロード方法について解説。

コンビニでモバイルバッテリーがレンタルできるアプリ

ChargeSPOT, チャージスポット,使い方,料金,評価,レビュー,充電,レンタル,モバイルバッテリー,スマホ
スマホの電池残量を気にする時代は終わり!
外出先・旅行先で持ち運び可能なスマホ充電器を借りることができる便利なサービス『ChargeSPOT (チャージスポット)』

インストールしておくといざというとき、役立つこと間違いナシの便利アプリです!

スマホ充電レンタル『ChargeSPOT チャージスポット』 の使い方や料金を詳しく紹介!|便利アプリの評価とレビュー

スマホに入れておくべき便利アプリ

スマホ,入れておくべき,便利,アプリ,iPhone,Android
その他にも、必見の便利アプリの総集編。今年話題のアプリを厳選してレビュー。

【保存版】スマホに入れておくべき便利アプリ!iPhone/Androidの厳選アプリ。

その他の便利アプリはこちら

便利,アプリ,無料,役立つ,iphone,Android
【スマホがより便利になる!】便利で使える無料のアプリについて厳選して紹介。本当に使えるお役立ちアプリをランキング形式でピックアップ。通信量やスマホ容量の節約、生活がお得になるアプリなど様々なジャンルからiphone/Androidアプリをご紹介。スマホがグレードアップする超便利アプリを無料で手に入れましょう!

【最新版】便利で役に立つ神アプリ30選。スマホが便利になるアプリ。|iphone/Androidの無料アプリ総集編。