【iOS 16.2新機能】Apple Musicにカラオケ機能が追加|使い方・できないときの対処法も紹介【アップルミュージックアプリ】

スポンサードリンク

Apple Musicのカラオケ機能Apple Music Singの使い方・できないときの対処法
iOS 16.2の新機能としてApple Musicアプリに、カラオケモード「Apple Music Sing」が新たに搭載されました!

この記事ではApple Music Singとは何なのか、使い方などカラオケができないときの原因と対処法を解説しています。

Apple Music Singとは?カラオケって?

Apple Musicのカラオケ機能Apple Music Singの使い方・できないときの対処法
Apple Music Sing(アップルミュージックシング)は、サブスクリプションの音楽ストリーミングサービスApple Musicアプリの機能になります。
iOS 16.2のアップデートで新搭載されたカラオケを楽しむことができる機能です。

Apple Music Singを使用すると、ボーカルの音量調節が可能になり、カラオケすることができます。
再生中の歌詞がハイライトされるので、音楽に合わせて歌うことができます。

Apple Music Singを利用するにはApple Musicへのサブスク登録が必須となります。

Apple Music公式サイト

Apple Music Singの対応機種は?

iPhone

Apple Music Sing を利用できる iPhone の機種は、iPhone 11 以降の機種となります。

  • iPhone 11シリーズ
  • iPhone 12シリーズ
  • iPhone 13シリーズ
  • iPhone 14シリーズ
  • iPhone SE 3
  • その以降の iPhone 機種

iPad

Apple Music Sing を利用できるiPad の機種は、iPad Air 4 以降の機種となります。

  • iPad Air 4
  • iPad mini 6
  • iPad 9
  • iPad Air 5
  • iPad Pro 11 インチ
  • iPad Pro 12.9 インチ
  • iPad 10
  • その以降の iPad 機種
また、iPhone ・ iPad だけでなく、Apple TVでも Apple Music Sing を利用できます。

利用できるApple TVはApple TV 4K のみとなります。

Apple Music Singの使い方

  1. アプリを起動して曲を再生する
  2. 再生画面の歌詞アイコンをタップする
  3. マイクのアイコンをタップし、カラオケ機能を利用する

1.アプリを起動して曲を再生する

Apple Musicのカラオケ機能Apple Music Singの使い方・できないときの対処法
アップルミュージックのアプリを起動し、画面下部の検索をタップして、検索窓に好きなアーティストや曲名を入力し検索します。

候補の曲をタップすると再生されます。
画面下部に再生した曲のバーが表示されるのでタップします。

2.再生画面の歌詞アイコンをタップする

Apple Musicのカラオケ機能Apple Music Singの使い方・できないときの対処法
再生画面の左下にある歌詞アイコンをタップします。

3.マイクのアイコンをタップし、カラオケ機能を利用する

Apple Musicのカラオケ機能Apple Music Singの使い方・できないときの対処法
画面全体に歌詞が表示されていると思います。
Apple Music Singに対応している曲であれば、歌詞の右側にマイクアイコンが表示されているので、タップします。

タップすると、マイクのアイコンがボーカルの音量調節バーに変わり、カラオケ機能になります。

マイクのアイコンを上下にスワイプすることで、ボーカルの音量が調節できます。
一番下でボーカルの音量を小さくできます。

実際に使用してみた感想・レビュー

使用感としては、ボーカルの声が完全オフになるわけではありませんが、かなりボーカルの声は小さくなる印象です。

ボーカルの声は少しこもったように聞こえるのですが、バックサウンドには影響ないので、気持ちよく歌えそうです!

カラオケ同様、歌うべき箇所の歌詞が光ってリードしてくれるので、カラオケ行く前の練習にピッタリといった感想です!

Apple Musicのカラオケ機能Apple Music Singの使い方・できないときの対処法
また、ボーカルの音量が調節できるので、音程が不安なメロディは、ボーカルの声を頼りに歌うことも出来ます♪

Apple Music Singが使えない原因と対処法

アップデートしていない

先述にもありますが、Apple Music SingはiOS 16.2の新機能です。
古いバージョンを使用している人はアップデートが必須となります。

使用中のiPhoneのバージョンがiOS 16.2以降か確認する方法は、設定アプリ>一般>情報の手順で確認できます。

iPhone がiOS 16.2でない場合は、アップデートすることで使用できるようになりますよ。

スポンサードリンク

Apple Music Singが対応していない機種を使用している

先述にもありますが、Apple Music Sing を利用できる iPhoneであればiPhone 11 以降、iPad であれば、iPad Air 4 以降の機種となります。

それ以前の機種は使用できないので端末の買い替えが必要です。

Apple Music Singが使用できない曲もある

歌詞アイコンをタップしても、マイクのアイコンが出てこない場合はApple Music Sing非対応の楽曲となります。マイクアイコンがない場合は、カラオケ機能を使用できません。

ただし、8割ほどの楽曲がApple Music Sing対応している印象でした。

この記事を書いた人

ライター名:編集部

スマホ歴10年以上の編集部チームが話題のゲームアプリ・便利アプリ・コンシューマーゲームを実際にプレイ&使用してレビューしています。 またiPhone・Androidのよくある質問や疑問も徹底調査して解決しています。

【Apple Music】好きなアーティストの新曲通知を受け取る方法

Apple Musicで好きなアーティストの新曲通知を受け取る方法
アップルミュージックのアプリでは、好きなアーティストの新曲情報をプッシュ通知で受け取ることができます。

好きなアーティストの新情報を追跡したいという方にはオススメの機能です!※iOS16以降の機能です。 この記事では、アーティストのお気に入り登録方法も紹介しています。

【Apple Music】好きなアーティストの新曲通知を受け取る方法・通知オフにする方法【アップルミュージックアプリ】

【徹底比較】Apple MusicとSpotifyはどっちが良い?特徴や料金、メリット・デメリットを解説

Apple MusicとSpotifyの違いって何?にお答え!

Apple MusicとSpotifyはどっちが良い?特徴や料金、メリット・デメリットを徹底比較
「Apple MusicとSpotify」の特徴や料金、メリット・デメリットを比較しました。