[iOS16新機能]iPhoneで写真を一瞬で切り抜く方法や手順・切り抜けないときの対処法

スポンサードリンク

iOS16,新機能,iPhoneで写真を切り抜く,切り抜けないときの対処法
iOS16ではさまざまな新機能の追加や改善がおこなわれました。

iOS16で追加された新機能の1つに「写真の切り抜き」機能があります。
写真の切り抜き機能では、人物だけでなくさまざまな被写体を切り抜くことが可能です。

iOS16の新機能である「写真の切り抜き」を使い、写真を一瞬で切り抜く方法や手順を解説します。



切り抜き機能の対応機種は?

まずは、お持ちのiPhoneが写真の切り抜き機能に対応しているかを確認しましょう。
写真の切り抜き機能は、すべての端末で使えるわけではありません。

CPUはA12 Bionici以上のチップを搭載している必要があり、PhoneXS、iPhoneXS Max、iPhoneXR以降の端末のみに対応しています。
そのため、iOS16のアップデートに対応しているもののiPhoneXやiPhone8などでは非対応です。

また、iOS16での新機能のためiPhoneを必ずiOS16にアップデートしておきましょう。

iOSのアップデート方法手順

[手順1]iOSバージョンを確認する

iOS16,新機能,iPhoneで写真を切り抜く,切り抜けないときの対処法
設定>「一般」>「情報」の手順で確認できます。

[手順2]アップデートを実施する

iOSバージョンを確認してiOS16でなかった場合は、iOS16にアップデートしましょう。

「設定」>「一般」>「ソフトウェアアップデート」>「iOS16にアップグレード」>「ダウンロードしてインストール」>「利用規約に同意する」>「同意する」の手順でアップデートができます。

写真を一瞬で切抜く方法と手順

iPhoneをiOS16にアップデートしたら写真の切り抜き機能を使うことができます。

[手順1]写真アプリを起動し、切り抜きをしたい写真を表示する

iOS16,新機能,iPhoneで写真を切り抜く,切り抜けないときの対処法

[手順2]切り抜きたい被写体を長押しすると、切り抜き箇所が光る

[手順3]画像から指を離すことで画像に「コピー」「共有」のメニューが出てくるので、どちらかを選択する

iOS16,新機能,iPhoneで写真を切り抜く,切り抜けないときの対処法
コピーを押した場合は、メモやメッセージ、LINEなどのアプリに貼り付けをすることができます。

共有を押した場合は、別アプリに連携したり画像を保存したりなどが可能です。

iOS16,新機能,iPhoneで写真を切り抜く,切り抜けないときの対処法
また、被写体を切り抜いた状態をキープしたまま他のアプリを起動後に、他のアプリの画面上で指を離すことでアプリ内に貼り付けができます。

しかし、アプリ側も写真切り抜き機能に対応している必要があるため、Apple純正アプリのメールやメッセージや一部のアプリにしか対応していない点には注意しましょう。

人物以外の切り抜きも可能

ゲームキャラクターや動物にも対応

被写体は人物以外でも写真切り抜き機能に対応しており、ゲームキャラクターや猫や犬などの動物でも写真から切り抜くことができます。

また、実写でも静止画ではなく動きのある写真の場合は背景も切り取ってしまうこともあるので、注意が必要です。

切り抜いた写真をGoogle画像検索する方法

iOS16の写真切り抜き機能とGoogleのアプリを組み合わせることで、写真の一部を切り抜きGoogle画像検索を簡単にできます。

[手順1]写真アプリを開き、切り抜きたい写真を選択し被写体を長押し

iOS16,新機能,iPhoneで写真を切り抜く,切り抜けないときの対処法

[手順2]被写体の周囲が白くなったら、指を離さずにGoogleアプリを開く

[手順3]Googleアプリの画面上で指を離し、被写体を貼り付ける

iOS16,新機能,iPhoneで写真を切り抜く,切り抜けないときの対処法

[手順4]Google画像検索が始まる

iOS16,新機能,iPhoneで写真を切り抜く,切り抜けないときの対処法

写真の切り抜きができない場合の原因と対策

被写体が小さい

写真の切り抜き機能では、被写体を選択しますが、被写体が小さい場合には上手く切り抜きができない時があります。

その場合は、被写体が写っている場所をダブルタップして拡大してみましょう。
拡大することで被写体を読み取ってくれるようになります。

被写体に文字が入っている

文字が入っている画像だと、被写体ではなく文字をテキストと認識してしまう場合があります。

文字をテキストと認識してしまうとコピーや調べるなどの機能が出てきてしまい被写体の切り抜きができません。
文字の近くではなく、文字から離れた所の被写体を長押しすることで解決します。

Live Photos(ライブフォト)の画像

ライブフォトの画像を長押しすると、自動再生になってしまい切り抜きできない原因になってしまいます。
ライブフォトの写真を使いたい場合は、ライブフォトの機能を切ってから使いましょう。

画面の左上の「Live」>「オフ」からライブフォトをオフにできます。

マイクモード(声を分離)の設定方法を紹介

iPhone,マイクモード,声を分離,設定方法,設定できない,対処法,解説,ない,アプリ,通話
通話中に周りの雑音が消えるノイズキャンセリング機能「マイクモード(声を分離)」がSNSで話題となっています。

この記事では、マイクモードの詳細と設定方法を解説しています。

「声を分離とワイドスペクトルは現在使用できません。」と表示が出る方や、「マイクモードがない」「設定方法がわからない」という方は参考にしてください。

【iPhone】マイクモード(声を分離)の設定方法を紹介。設定できないときの対処法も解説。

iPhoneの利用頻度の高い場所の代わりの行動記録アプリやサービスを紹介

zenly,ゼンリー,アプリ,Googleマップ,使い方,機能,位置情報,利用頻度の高い場所,iPhone,見えない,タイムライン,行動履歴
iPhoneの利用頻度の高い場所とは、位置情報サービスに備わる機能で、繰り返し訪れている場所や移動履歴が場所と時間で自動的に記録される機能です。

そんなiPhoneの利用頻度の高い場所が見れない、見れなくなったという声を多く見ます。
どうやらiOS 15のアップデートで見れなくなった人が多いようです。

この記事では、iPhoneの利用頻度の高い場所が見れないときの代わりになる、行動記録アプリやサービスを紹介しています。

iPhoneの利用頻度の高い場所が見れない?見れないときの代わりとなるアプリも紹介。|iPhoneのトラブル解決