「読書」タグアーカイブ

【flier(フライヤー)】3種類の料金プランについて徹底解説!【無料プランでも要約が読める】

スポンサードリンク

【flier(フライヤー)】の料金プランを無料版と有料版で解説します!

flire,フライヤー,使い方,本要約アプリ,読書,忙しい人,有料プラン,無料プラン

無料でも20冊の本の要約が読める「flier(フライヤー)」の料金プランについて解説します。

flier(フライヤー)は要約が読めることに加えて音声版も聴けるので魅力的なアプリですよね!

無料プランと有料プラン2つ、合わせて3つの料金プランがあります。
課金する場合、有料プランのゴールドプランがおすすめです!

本記事では、flier(フライヤー)の無料プランと有料プランの違い、有料プランの注意点などを解説しますので、どちらのプランを使おうか迷っている方はぜひ最後までチェックしてみてください。

アプリ概要

flier(フライヤー)は「株式会社フライヤー」という日本の企業が運営しているアプリです。

1冊10分で読める要約や音声再生によるスキマ時間での要約が楽しめるアプリです。

キーワード検索や特集、ランキングがありアプリも使いやすく、「本は読みたいけど時間がない」といった方にぴったりです!

ベストセラーから最新の新刊など本の数は2,700冊以上もありますよ♪(2022年3月現在)
初めは7日間無料で体験できます♪

Android/iOSともにインストール可能です。

無料プランでできること

flier(フライヤー)は無料で本の要約が読めます。
無料でできることをまとめました。

20冊の要約が読める&本によっては音声再生も可能

無料プランでは決められた20冊の要約と本によっては音声再生の利用ができます。

有料でしか読めない本でも途中まで読める

無料プランは有料プランでしか読めない本の要約が途中まで読めます!

有料プランへの課金をしなくても楽しめると思います。

有料プランでできること

有料プランでは2つの料金プランが存在します。
しかし、課金する場合は後述するゴールドプランがおすすめです。

有料プランの料金表

有料プランの料金表を紹介します。

プランフリーシルバーゴールド
価格(月額)無料550円2,200円
閲覧可能数20冊(月1~2冊入れ替わる)フリープランの20冊に加えて有料の要約5冊閲覧可能全ての本の要約を読む・聴く・動画コンテンツ見放題

シルバープランについて

シルバープランは月550円でフリープランの20冊に加えて5冊の有料要約本が閲覧可能です。

月5冊まで選べるのでボリュームがあるように感じますが、要約のため1冊が短く、音声再生させる場合を含めてすぐ消化できます。

手軽な金額で要約アプリを使いたい方におすすめのプランですね!

ゴールドプランについて

ゴールドプランは月2,200円で全ての本の要約が閲覧可能です。

2022年3月現在では約2,700冊もの本の要約があり、今後も追加されるでしょう。

シルバープランと迷った場合はゴールドプランの方がコスパ面などからもおすすめです!

課金する方はゴールドプラン一択で良いでしょう。

無料プランと有料プランはどっちが良い?

結局無料プランと有料プランのどちらにしようか迷っている方に、無料プランが良い人・有料プランが良い人それぞれ紹介します!

無料プランが良い人

無料プランが良い人は以下の通りです。

■本を普段読まない人or月1~2冊程度読む人
■別の要約/音声再生アプリと比較したい人
■月1~2冊の入れ替えで満足できる人

これらに当てはまる人は無料版でも良いでしょう。

有料プランへの変更はいつでも切り替えられるのでライフスタイルなどに合わせて決めるのが良いです。

有料プランが良い人

有料プランが良い人は以下の通りです。

■本を月3冊以上読む人
■新しい本に興味が湧く人
■色々な本をつまみ読みしたい人

このような人は有料プランが良いでしょう!

近年コロナ渦によりオンラインショッピングの需要が増えましたが、本の試し読みができるアプリは少ないです。

そのため特に色々な本をつまみ読みしたい方にとっては便利に使えますよ♪

【まとめ】料金プランは無料プランかゴールドプランが良い

今回はflier(フライヤー)の料金プランについて解説しました。

flier(フライヤー)で課金する場合は、コスパ面や機能面からもゴールドプランがおすすめです。

もちろん無料プランでも月20冊は読めるので、料金表や各プランでできることを参考にフリープランからの変更を検討してみてください!

フライヤーの概要

flire,フライヤー,使い方,本要約アプリ,読書,忙しい人,有料プラン
flire(フライヤー)の概要や使い方などを紹介。

【忙しい方へ】本要約アプリ「flire(フライヤー)」の概要や使い方などを紹介!

スマホに入れておくべき便利アプリ

スマホ,入れておくべき,便利,アプリ,iPhone,Android
その他にも、必見の便利アプリの総集編。今年話題のアプリを厳選してレビュー。

【保存版】スマホに入れておくべき便利アプリ!iPhone/Androidの厳選アプリ。

【忙しい方へ】本要約アプリ「flire(フライヤー)」の概要や使い方などを紹介!

スポンサードリンク

【flire(フライヤー)】は忙しくて読書する時間が無い方に使ってほしいアプリ!

flire,フライヤー,使い方,本要約アプリ,読書,忙しい人,有料プラン

本要約アプリ「flier(フライヤー)」の魅力や登録方法、有料プランについて紹介します。

忙しくて本を読む時間がない方や手が離せない方にぴったりのアプリです!
本の要約だけでなく、音声版も利用できます。

キーワード検索やランキング、特集といった様々な方法で本を探すことが可能です。
このアプリでは無料で20冊もお試しができるので、お試しがすぐ終わるといったこともありません!

ぜひ最後までお読みいただき、flier(フライヤー)を試してみてください。

アプリ概要

flier(フライヤー)は「株式会社フライヤー」という日本の企業が運営しているアプリです。

このアプリは本の内容を素早く知ることを目的に、1冊10分で読める要約や音声再生によるスキマ時間の活用ができます。

キーワード検索や特集、ランキングがありアプリも使いやすく、「本は読みたいけど時間がない」といった方にぴったりです!

要約された本の数は2,700冊以上もありますよ♪(2022年3月現在)
初めは7日間無料で体験できます♪

Android/iOSともにインストール可能です。

魅力とおすすめポイント

flier(フライヤー)の魅力とおすすめポイントを紹介します。

魅力

魅力は無料プランで20冊も読めてしまう点です!
(固定の本が毎月1~2冊入れ替わりで読めます

お試しに使ってみるには十分な量ではないでしょうか?
ちなみに読書好きな筆者はすぐ試しました♬

おすすめポイント

◎このアプリのオススメポイント
・スキマ時間の有効活用ができる
・手が離せない時も音声版で聞ける
・2,700冊以上のラインナップで飽きることは無い(2022年3月現在)

登録方法

flier(フライヤー)の登録方法はたった3つの手順で使えます!

順番に解説していきます。

  1. アプリを起動
  2. メールアドレスなどで会員登録

    登録は「メールアドレス・Facebook・Twitter」で登録ができます。
  3. ユーザー名とユーザーIDを決めて登録

以上で登録は完了です!

使い方

無料で読める本の使い方を紹介します。

無料で読める本の一覧はトップ画面の下の方にあります。

flire,フライヤー,使い方,本要約アプリ,読書,忙しい人,有料プラン

記事を読む場合

記事を読む場合、読みたい記事をタップすることで読むことができます。
左にスワイプすることで次のページに移ります。

flier(フライヤー)は通信が圏外では読むことが出来ないので注意しましょう。

音声版を聴く場合

記事を読む場合と同じく読みたい記事をタップします。

続いて本のタイトル下に「音声再生」が表示され、タップすると音声が流れます。

flire,フライヤー,使い方,本要約アプリ,読書,忙しい人,有料プラン

音声再生中は画面右下に+マークが表示され、ここから一時停止や倍速などを変更できます。

flire,フライヤー,使い方,本要約アプリ,読書,忙しい人,有料プラン

15秒スキップなどがあるため、ながら聴きをしていて聴きとれなかった場合でもすぐ戻れるのは便利ですね!

要約時の声は機械音声ですが、よく聴きとれますよ♪

本によっては音声再生に対応していないこともあるので注意しましょう。

有料プランについて

有料プランの金額や有料プランでできることを紹介します。

有料プランの金額は以下の通りです。

プランフリーシルバーゴールド
価格(月額)無料550円2,200円
閲覧可能数20冊(月1~2冊入れ替わる)フリープランの20冊に加えて有料の要約5冊閲覧可能全ての本の要約を読む・聴く・動画コンテンツ見放題

表のように、シルバープランは無料分に加えて月5冊まで閲覧可能です。

無料プランで気に入ったらシルバーではなく、ゴールドプランが良いでしょう。

ユーザーレビュー

flire,フライヤー,使い方,本要約アプリ,読書,忙しい人,有料プラン

flier(フライヤー)のGoogleプレイストアの評価は2022年3月現在で1111件のレビュー、★4.2です。

実際のレビューを見ていきましょう。

◎ユーザーレビュー
・まずは要約で全体を掴んでから、本を買うかどうか決められるので、とても助かっています。要約だけでも勉強になるし、大局を掴んだ上でその本を読んだ場合も理解が進むのでたいへん有難いです。
・要約するという観点、著作権も守られているので安心して見られる点はすばらしい。
・現代の働きづめの社会人にうってつけのアプリ!忙しくてもスキマ時間でたったの10分で読めるのは大きいと思いますよ(‘Д’)元々活字を読むのが得意ではなかったのですが、そんな私でもわかりやすく構成されていて読みやすいです。アプリだと気軽に使えるのも良いポイントですね(*^-^*)

フライヤーの料金プランについて

flire,フライヤー,使い方,本要約アプリ,読書,忙しい人,有料プラン,無料プラン
無料でも20冊の本の要約が読める「flier(フライヤー)」の料金プランについて解説します。

【flier(フライヤー)】3種類の料金プランについて徹底解説!【無料プランでも要約が読める】

スマホに入れておくべき便利アプリ

スマホ,入れておくべき,便利,アプリ,iPhone,Android
その他にも、必見の便利アプリの総集編。今年話題のアプリを厳選してレビュー。

【保存版】スマホに入れておくべき便利アプリ!iPhone/Androidの厳選アプリ。

地震・災害などお役立ちニュースアプリ特集

地震,災害,アプリ,ニュース,プッシュ通知,
急な地震や災害が発生したときにスマホで速報を受け取ると緊急時の備えを早くできる事もあります。 普段持ち歩くスマホで、ニュース速報や通知を受け取れる便利アプリについての特集です。

【保存版】地震速報・災害情報アプリ特集。防災速報で役立つアプリ。|便利アプリ総集編

読書記録も新刊チェックも全てお任せ!自分の本棚をスマホの中に簡単登録!手軽に読書記録ができる便利アプリ『ブクログ』

スポンサードリンク

【120万人が愛用】読書管理アプリといったらブクログで決まり!

読書,記録,新刊,手軽,便利アプリ,ブクログ
読書記録も新刊チェックも全てお任せあれ!

・読書記録を取っておきたい
・同じ本を2冊買ってしまったことがある
・本の感想をシェアしたい
・書店になかなか行けず新刊チェックが困難
・話題の本をチェックしたい

全部『ブクログ』が解決します!

『ブクログ』手軽に読書記録ができるアプリ
本のバーコードをスキャンするだけで、読んだ本を登録できます。毎月の読書量がパッとわかるグラフ表示もありますよ。

『ブクログ』は読書記録だけではなく、新刊やランキングをチェックしたり、本屋大賞などの話題の本をまとめて見ることができる機能もあります!
キーワード登録しておけば、好きな作家の新刊が出たときにお知らせもしてくれます。

————————
ブクログ(Booklog)の特徴
————————
■読書の記録が簡単に
・読み終わった本や、気になる本を簡単に登録できます。
・本の感想や、自分だけが見られるメモを記録できます。

■バーコードスキャン
・iPhoneについたカメラで本のバーコードを読み取ります。
・連続バーコードスキャン機能で一気に大量の本を登録できます。

■新刊通知機能
・キーワードを登録すると、一致した著者やタイトルの新刊が出たときにプッシュ通知が届きます。
・本にもマンガにも対応しています。

■話題になっている本たちに出会える
・気になる本のレビューがサクサク読めます。
・新刊やランキングが見られます。

■振り返り機能(ダッシュボード)
・読み終わった本の量を月別のグラフで見ることができます。
・本棚にある本の著者ランキング、タグランキング、評価別冊数を確認することができます。

■本棚
・本棚への登録日や読了日、発売日で並び替えができます。
・本棚のデザインを変更できます。

■タイムライン
・タイムラインでフォローした読書家さんの読書活動を見ることができます。

■SNSと連携して本や読書履歴をシェア
・Twitter(ツイッター)やFacebook(フェイスブック)で新規登録・ログインができます。
・自分が気になった本や読書記録はSNSに共有することができます。

普段忙しくて書店になかなか行けない人も『ブクログ』を使っておけば、新刊や話題の本を見逃すことはありません!

◎このアプリのオススメポイント
・見やすい本棚に読書記録がどんどんたまる
・読書量がわかるグラフを表示!
・本のバーコードを連続読み取り、サクサク登録!

◎ユーザーレビュー
・17歳から初めて、10年以上お世話になってる。17歳の私が考えていた事。21歳の私が目指していた事。25歳の私が信じていた事。29歳の私が思っていた事。それを振り返るいまの私。その時々の生き方や考え方、人生そのものが読む本に反映されていることがわかる。いつでも持ち歩ける図書館。いつでも読んだ本の記録をつけれて、いま読みたい本を探したり、以前読んだ本の感想を読み返してちょっと感傷に浸ったり。本と共にある人生。ここに自分の人生をこれからも刻んでいけたらと思う。
・読んだ本、読みたい本の管理に非常に便利に使わせて頂いてます。
・本はやっぱりアウトプットまでやってなんぼ、とは何年も前に思っていたものの、きちんと記録を残すのはそれなりに面倒だったのである。しかしこのアプリはなんと気軽にそれが出来ることか。多分昔からこれ使ってたらもっと色々捗っただろうなーと思うが、これからバシバシ活用していきたい。